腕が痛い時の原因と病気

四十肩や五十肩

ここでは腕の痛みの原因、四十肩と五十肩について詳しく説明していきましょう。

年齢を重ねる毎に人間の体は衰えていきます。特に関節に老化が原因で不具合が出てくるのは仕方がないことです。
腕を上げようとしても肩が上げにくい、上げると痛いなどの症状が出てくることがあります。特に40歳代や50歳代辺りからこのような症状が現れる為、四十肩や五十肩と呼ばれるようになりました。

sponsored link



【四十肩・五十肩の特徴】

四十肩、五十肩は肩関節の周りで炎症が起こっていたり、腱板が損傷していたりする状態で、肩の可動域が非常に狭くなってしまう病気のことで、正式には肩関節周囲炎という病気です。
四十肩、五十肩になると肩が上がりにくくなるだけでなく、腕がだるい・しびれる・上がらないといった症状を感じてしまいます。

四十肩、五十肩の対策はとにかく冷やさないことです。冷えが関節を固めてしまってさらに悪化してしまうのです。治療は温めるのが基本に、可動域を少しでも広げるよう運動していきます。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 上腕骨外側上顆炎

⇒ 腕の痛みの原因とは

⇒ 腕の痛みの治療について

⇒ 腕が痛い時に効くツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。