腕が痛い時の原因と病気

頸椎椎間板ヘルニア

ここでは腕の痛みの原因、頸椎椎間板ヘルニアについて詳しく説明していきましょう。

ヘルニアとは、体内の臓器などが本来あるべき場所から脱出した状態のことを言います。椎間板ヘルニアの原因としては、加齢に伴う変調や悪い姿勢の継続などです。この結果、髄核が外にはみ出して、脊髄や神経根を圧迫することでヘルニアの症状が現れるのです。

sponsored link



【頸椎椎間板ヘルニアの特徴】

頸椎椎間板ヘルニアの症状として、腕の痛みが現れることがあります。頸椎椎間板ヘルニアでは、首の痛みや肩の痛みが主な症状ですが、上腕部に痛みを感じる場合もあります。症状としては他にも、めまいや頭痛、吐き気や耳鳴り、程度が重くなるにつれ歩行障害や尿失禁などの症例が挙げられます。

治療は第一に「安静」です。どのような病気でも基本は安静ですが、頸椎椎間板ヘルニアの場合も同じことが言えます。安静にすることでその人が持つ自然治癒力を高め、刺激による痛みを抑えることも出来ますので、出来るだけ安静にしておくことが重要と言えます。

また適度な運動によるリハビリテーションも必要です。血行を良くするための温熱療法や、筋力トレーニングによる筋力強化などがあります。
重症の場合は、神経ブロックの注射を行って痛みの根源を緩和したり、外科的手術によってヘルニアそのものを除去する場合もあります。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 脊髄空洞症

⇒ 四十肩・五十肩

⇒ 腕の痛みの原因とは

⇒ 腕の痛みの治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。