腕が痛い時の原因と病気

上腕骨外側上顆炎

ここでは腕の痛みの原因、上腕骨外側上顆炎という病気について詳しく説明していきましょう。

上腕骨外側上顆炎という病気は近年、名前とは裏腹に結構身近な病気になってきました。一般的には「テニス肘」と呼ばれている病気で、その名の通りテニスをしている方によく見られます。
デスクワークなどで長時間マウスを操作したり、ゴルフをしている方にも多く見られます。

sponsored link



【上腕骨外側上顆炎の特徴】

上腕骨外側上顆炎とは肘の外側の事で、ここには手首や指を動かしている筋肉が付いています。
この筋肉を酷使して負担がかかると、炎症を起こしてしまい痛みが発生してしまいます。
ほとんどの場合、安静にしていると痛みはありませんが、肘や手首を使う動作時に痛みが起こります。こうなるとマウス操作やテニスやゴルフ以外にも、雑巾を絞ったり物を掴むだけの動きで痛くなることもあるでしょう。

治療は基本的に保存療法が取られます。ゴルフやテニス、マウス操作など痛みの原因となる運動は出来るだけ控えて安静に努めます。更に手首や指のストレッチをこまめに行い、痛み止めや消炎湿布を貼りましょう。それでも痛みが続く場合や治癒が認められないようであれば、手術をする場合もあります。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 頸椎椎間板ヘルニア

⇒ 腕の痛みの原因とは

⇒ 腕の痛みの治療について

⇒ 腕が痛い時に効くツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。