腕が痛い時の原因と病気

胸郭出口症候群

ここでは腕の痛みの原因となる、胸郭出口症候群についてご紹介していきましょう。

胸郭出口症候群とは、首や肩にかけて鎖骨周辺の末梢神経が圧迫を受けて腕や手指にしびれや痛みを伴う病気です。胸郭出口症候群の場合、腕を上げる動作の時に腕の痺れや肩甲骨辺りに痛みが発生する事が多いです。他にも肩こりや手先の血行不良で細かい作業が出来にくいなどの運動麻痺も起こります。

sponsored link



【胸郭出口症候群の特徴】

女性の特になで肩の方に多く見られますが、男性の方でも起こり得ます。なで肩の方が起こりやすいというのは、なで肩の方は鎖骨辺りが狭い為に鎖骨下動脈が圧迫されやすい状況だからです。この鎖骨下動脈が圧迫されると胸郭出口症候群の症状が起こるのです。

首を支える筋肉である斜角筋が圧迫している場合や、胸の筋肉の小胸筋が圧迫している場合などが主な原因となります。これらが腕神経叢(腕や肩に関する神経が集中している神経の束のこと)や鎖骨下動脈を圧迫するというわけです。

治療としては、とにかく姿勢の改善が必要となります。なで肩や猫背などの不良姿勢が、この病気を引き起こす要因となっていることも少なくない為です。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 痛風

⇒ 上腕骨外側上顆炎

⇒ 肺がん

⇒ 腕の痛みの治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。