腕が痛い時の原因と病気

関節リウマチ

ここでは腕の痛みの原因、関節リウマチについて詳しく説明していきます。

関節リウマチとは、免疫の異常によって関節炎を来たす自己免疫疾患です。関節炎は左右非対称性の全身に及び、関節のこわばり、腫れや痛みなどが現れ、進行すると関節が機能しなくなってしまう病気です。男性よりも女性に多く、特に30〜50代の方に多く見られます。

sponsored link



【関節リウマチの特徴】

関節リウマチは自身の体を守る免疫システムの異常が直接の原因としては分かっていますが、それがなぜ起こるのかまでははっきりと分かっていません。しかし特異な遺伝子や細菌の影響が引き金となることは分かっています。免疫の異常によって関節包内の滑液が増え、それが痛みや腫れを引き起こしてしまうものです。簡単に言えば、自分で自分の体を攻撃してしまう病気が関節リウマチです。

症状は、全身の関節にこわばり、腫れ、痛みが現れます。特に起床時の関節のこわばりは関節リウマチの典型的な症状です。症状はゆっくりと進んでいき徐々に症状が強く現れるようになっていきます。次第に関節が動かしづらくなり、進行すると関節が変形し動かなくなって元に戻らなくなってしまいます。こうなると当然、食事や歩行など日常生活にかかせない動作にも支障を来たしてしまいます。

治療としては現在でも研究が進んでいますが、完治を目指す治療法が確立されていません。原因がはっきりしないことには完治を目指す治療法も存在しないのです。しかし決して治らない病気というわけではなく、寛解(一時的に回復した状態)を目指すことは可能です。
従って、治療の基本は対症療法となります。抗炎症剤や抗リウマチ剤などを用いて症状をコントロールしていきながら、温熱療法や運動療法などのリハビリを同時に取り入れていきます。進行して関節の機能が低下している場合は、手術を行うこともあります。手術の方法としては人工関節置換術・関節固定術・滑膜切除術・関節形成術の4つの種類があり、患者の病態によって選択されます。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 肺がん

⇒ 痛風

⇒ 腕の痛みの治療について

⇒ 腕が痛い時に効くツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。