腕が痛い時の原因と病気

痛風

ここでは腕の痛みの原因、痛風について詳しく説明していきます。

痛風とは、慢性化した高尿酸血症によって関節内に結晶化した尿酸が沈着・遊離して関節炎を起こす病気です。血中の尿酸値が高まった状態が続くことで、徐々に尿酸が結晶化します。その結晶は一度関節内に留まり(沈着)、離れる際(遊離)に激しい関節痛を引き起こします。これが痛風という病気です。

sponsored link



【痛風の特徴と治療】

痛風は、特に男性に多く見られ中高年に多いですが、最近では若年性痛風と呼ばれ30代の若い世代でも発症することが増えてきています。痛風の原因は血中の尿酸値が高まることですが、暴飲暴食や偏食、飲酒(ワインは例外)、ストレスなどがその要因となります。昔は「ぜいたく病」などと呼ばれ食生活が豊かな富裕層に多い病気と言われていましたが、食生活の欧米化が進んで現代では誰にでも起こり得る病気となっています。

痛風の症状は、予兆を経てから本症状を繰り返す痛風発作と呼ばれる発作症状を起こすのが特徴的です。チクチクしたり熱っぽい感じの予兆から始まり、徐々に本症状が始まると関節に激しい痛みや腫れ、発赤と発熱が現れます。発作は1日以内にピークを迎え、1週間〜10日程で自然と治まります。

治療は、尿酸値をコントロールすることが中心となります。尿酸の産生を抑える尿酸合成阻害薬や、尿酸の排出を助ける尿酸排泄促進薬、そして食事の制限によって体内の尿酸値を徐々に正常な値に戻していきます。尿酸値を急激に下げると逆に発作が始まる為、治療は時間をかけてゆっくりと治していくことになります。
そして発作に対しては、発作前の予兆時に使用しておく薬と、発作中に使用する薬を併用して対応します。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 関節リウマチ

⇒ 肺がん

⇒ 腕の痛みの原因とは

⇒ 腕の痛みの治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
ude2.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。